ドラゴン桜2のロケ地はどこ?龍海学園を始めとしたロケ地をご紹介!

ドラゴン桜2のロケ地はどこ?龍海学園のモデルとなった施設をご紹介 雑学

ドラゴン桜2のロケ地になった龍海学園ってどこなのかな?
他にも体育館や病院とかの場所も気になるな〜

撮影した場所を生で見てみたいな〜

✔︎この記事の内容

・ドラゴン桜2のロケ地になった場所を詳しくご紹介します

ドラゴン桜2でロケ地となったのは、栃木県の社会教育施設である「とちぎ海浜自然の家」や埼玉県入間市にある「宮寺地区体育館」などです。

2021年の春ドラマで視聴率の1位を獲得し、大人気で放送を終えたドラゴン桜2。
全話の平均視聴率は16.4%で、最終回の視聴率は20.3%の高視聴率を叩き出しました。

前作と違い、勉強術で東大合格を目指すストーリーだけでなく、学園売却の陰謀を食い止めるために、主人公達が奮闘していくシナリオも展開しており、さらに話題になりました。

ドラゴン桜2の最大の魅力は、主人公の桜木が生徒達に、生きていくために自分で物事を選択していく大切さや、物事の考え方(思考力)など、勉強以外の大切なことも教えていくところです。

生徒がそれぞれ抱える問題や苦しみに、解決するための助言や教育を行い、彼らがひとりひとり成長して、学力面以外にも、人として成長していく過程を観るのが、非常に嬉しい気持ちになります。

特に、第5話の発達障害を持つ健太の心が折れそうになった時、「いらない命か。そんなものあるわけねぇだろ!!」と熱弁し、お前は東大に入れ、世の中を変えてやれと応援するシーンがあり、心が震えたことを覚えています。

そんな素晴らしいドラマの「ドラゴン桜2」のロケ地についてご紹介していきます。

最後まで読んでみて下さい🙇‍♂️

他にもドラゴン桜に関する記事もぜひ読んでみて下さい!

ドラゴン桜2のロケ地になった場所を詳しくご紹介します

ドラゴン桜2のロケ地となった場所を詳しくご紹介

まず、物語の中心になる龍海学園ですが、栃木県の社会教育施設である「とちぎ海浜自然の家」がロケ地になっていました。

名前にとちぎと入っていますが、住所は茨城県鉾田市になります。

とちぎ海浜自然の家は一般の方でも、宿泊することもできて、生活館宿泊室、ロッジ、キャンプサイトと利用できる施設があり、最大で約588人が宿泊することが可能です。

施設の中の設備としては、スポーツ館、屋内温水プール、スポーツ広場、多目的広場、多目的コート、テニスコート、自転車モトクロス広場、大アスレチック広場、ライン型アスレチックと多くの設備が揃っています。

その他にも、野外の調理場や大食堂、大浴場、学習コーナー、オリエンテーションホールなどの設備も充実しています。

また、作中で登場した体育館は、埼玉県入間市にある「宮寺地区体育館」です。

この体育館は、地元の人の口コミでは、 何も変哲のない体育館らしいです。
でも、ドラマの雰囲気とあったのでしょうかね。
ここの場所は、駅から遠いので、西武池袋線 入間市駅の南口からバスが出ています。
西武バスの西武住宅前で降りて、歩いて10分くらいですね。

バトミントンの千葉県の予選大会の会場には、埼玉県深谷市にある「深谷ビッグタートル」が使用されていました。この競技場は、埼玉県内でも設備が整っていて実際に陸上の県大会などが実施されています。大きな体育館もあり、室内競技もでき、全体は公園になっており
緑あふれる運動公園になりますので、心も体もリフレッシュできる環境ですね。

 

楓が怪我をして運ばれたのは、「千葉大医学部付属病院」。
瀬戸がバイトをクビになったのは、「南部石油 」(館山市)でした。

また、瀬戸や小林、岩井が溜まり場としていた「Black Pearl」は、茨城県鉾田市にある「大竹売店」というお店でした。

まとめ

今回この記事では、ドラゴン桜2のロケ地についてご紹介させて頂きました。

本記事の内容をまとめると、以下の通りになります。

・ドラゴン桜2の龍海学園の舞台となったロケ地は「とちぎ海浜自然の家」
・ドラゴン桜2のロケ地は関東圏で選ばれています。

ドラゴン桜2には、社会で生きていくために、必要になる勉強法や考え方も沢山出てきますし、学生であれば、勉強法が参考になる場合もあります。

シナリオも非常に面白いですし、この記事を読んで頂いた方の中で、少しでもドラゴン桜2に興味を持って頂ける方が居ると、とても嬉しく思います。

最後まで読んで頂きまして、本当にありがとうございました🙇‍♂️

コメント

タイトルとURLをコピーしました